ホーム当社の取り組み > 食物アレルギー

















 日本の食物アレルギー体質をもつ方の正確な人数は把握できていませんが、全人口の1〜2%と言われています。
 アレルギー物質の表示制度により、加工食品では、原因となる 7品目に表示義務があり、他に表示が推奨されているものが 20品目あります。当社のような食事提供の場合には表示義務はありませんが、当社では、食物アレルギーがご心配なお客様が安心してお食事を楽しんでいただけるように、献立表に表示制度で対象となっている 27品目を全て表示しています。
 さらに、食物アレルギー対応を必要とされるお客様には、保育所や幼稚園のほか高齢者や障がい者などの社会福祉施設、ならびに病院などでの患者給食における食物アレルギー対応の経験を生かし、お食事を提供させていただきますのでご利用ください。
 今後とも、全てのお客様に、安全で美味しい食事を安心してご利用いただき、健康的な食生活を過ごしていただけるよう努力してまいります。


【アレルギー物質表示制度の対象品目】

  義務化7品目: 卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに
推奨表示20品目: あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、
         くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、
         やまいも、りんご、ゼラチン、バナナ、カシューナッツ、ごま

Copyright(C) Uokuni Co.,Ltd. All rights reserved.