ホーム当社の取り組み > Stop!ざ・メタボ






















 メタボリックシンドロームとは、内臓に過剰に脂肪がたまっている内臓脂肪型肥満の方が、糖尿病や高血圧、脂質異常症を複数合わせもち、動脈硬化へと進みやすくなった状態のことです。
 動脈硬化はやがて脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こし、半身麻痺など日常生活が困難になるばかりでなく、最悪の場合は命を落とすことにもなりかねません。
 日本人の死因の第1位は悪性新生物(がん)ですが、2位が心疾患、3位が脳血管疾患です。
 メタボリックシンドロームは、心疾患や脳血管疾患へとつながっています。
 しかし、メタボリックシンドロームは、「まだ間に合うよ」というサインでもあり、メタボリックシンドロームと診断されても、生活習慣を改善することによって、健康を取り戻すことができます。
 メタボリックシンドロームと診断されたら、まず自分の生活習慣をチェックし、「Stop!ざ・メタボ」を始めましょう。





 生活習慣病発症までを「川の流れ」に例えると下記のとおりです。
 生活の湖から不健康な生活習慣により川に流れ出します。この時点がメタボリックシンドロームであり、生活改善できないとさらに流され、最後には滝に落ちてもとの健康な状態には戻れなくなります。


Copyright(C) Uokuni Co.,Ltd. All rights reserved.